日本菌学会関東支部について

 日本菌学会関東支部は、日本菌学会の支部組織で、主に関東近在の方で菌学に興味を持っている方のための学術団体です。学術団体といいましても、なにやら難しいことをあれやこれやするような団体ではありません。いわゆるカビやキノコや酵母などの菌類に興味を持っている人達が集まり、菌類という共通項の中で、お互いの情報を交換したり、キノコ採集をしたり、研究成果を発表したりしている団体です。

日本菌学会関東支部は、1987年(昭和62年)4月に、設立されました。会員数は290名(2013年3月31日現在)です。会員は主に関東地域に在住の方ですが、関東地域以外の方でも会員になれます。

日本菌学会関東支部の年会費は、創設以来1,000円で運営してきております。百聞は一見にしかず、菌類に興味をお持ちの方は、まずは、入会して、参加してみてください(入会ご希望の方は、入会案内を御参照ください)。

支部の歩み

 日本菌学会関東支部の前進は、日本菌学会関東談話会であり、その前身は東京談話会であります。すなわち、日本菌学会の発足以前から長く続いた東京談話会が3~4年間完全に休眠状態になってしまったのを心配し、日本菌学会の中心になっておられる諸先生方が音頭を取り、1978年(昭和53年)に「日本菌学会関東談話会」として再発足いたしました。当時、会員数は69名であったと聞いております。その後、1986年(昭和61年)5月31日付で日本菌学会に支部規定が制定施行され、それを受けるかたちで関東談話会では本談話会の今後についてのアンケート調査が実施され、日本菌学会の支部となることが決定いたしました。

日本菌学会関東支部の設立は、1987年(昭和62年)4月であります。設立総会が東京大学総合資料館において開催され、初代会長に畑中信一先生がなられました。会員数206名での出発でした。それから、16年の年月が流れましたが、ここにその間の歴代支部会長を記しておくことといたします。

歴代会長

第1期(1987/1988年度) 畑中 信一会長
第2期(1989/1990年度) 宮治 誠会長
第3期(1991/1992年度) 宮治 誠会長
第4期(1993/1994年度) 中村 重正会長
第5期(1995/1996年度) 勝屋 敬三会長トキイロヒラタケ.jpg
第6期(1997/1998年度) 杉山 純多会長
第7期(1999/2000年度) 徳増 征二会長
第8期(2001/2002年度) 徳増 征二会長
第9期(2003/2004年度) 安藤 勝彦会長
第10期(2005/2006年度) 奥田 徹会長
第11期(2007/2008年度) 奥田 徹会長
第12期(2009/2010年度) 小川 吉夫会長
第13期(2011/2012年度) 小川 吉夫会長
第14期(2013/2014年度) 小野 義隆会長
第15期(2015/2016年度) 小野 義隆会長

ページの先頭へ